3話だけではもったいない!腹黒に挑戦、浜辺美波の『ピュア!~一日アイドル署長の事件簿~』

9月 19, 2019

こんにちは。たかどんみーです。

みー
ふっふっふ。あ、間違えた。へっへっへ。(´へωへ`*)

たかどん
ほっほっほ。

みー
違うよ!そこはほら、いつもみたいにツッコんでくれないとー(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾

ということで今回は、

「へっへっへ。」と笑う主人公が印象的だったドラマ、

『ピュア!~一日アイドル署長の事件簿~』を紹介したいと思います。

ピュア!~一日アイドル署長の事件簿~とは?

2019年8月13日~8月15日

3夜連続で放送

NHK総合22:00~22:50

初回のみ拡大70分

 

【脚本】蒔田光治さん

 

あらすじ

「じゅんぴょん」こと黒薔薇純子は、ライバルを蹴落とすことばかりを考える腹黒なアイドル。

一日警察署長を務めた先で、毒舌・キザな刑事と、事件を解決へと導く。

 

 

見どころ

一話完結型で見やすいです。

 

主人公の黒薔薇純子は、浜辺美波さんが演じてます!

SNSを駆使して、ライバルの子を蹴落としています。今ドキな感じです!本当はいけませんが。

性格がホントに腹黒なのですが、アイドルというキュートなルックスと、事件を解決してしまう頭の良さ(悪知恵?)、なかなか憎めないキャラクターです(´へωへ`*)

 

 

毒舌でキザな刑事、東堂周作役は東出昌大さんです!

毎回、純子に弱みを握られ、”行くぞ東堂!!”と振り回されてしまいます。

純子の悪知恵が功を奏して、事件は解決します。が、ちゃっかり自分の手柄にしちゃってます。(^ム^)

純子も「感謝状とかもらえるんですか?」と図々しいところも面白いです。

本当にピンチの時は、助けてくれる優しい一面もあります。

 

 

東堂刑事に置いてけぼりにされる、西沢刑事役を長村航希さん。

純子をほったらかしにしているマネージャーを、六角精児さんが演じてます。

 

 

感想

浜辺美波さん演じる黒薔薇純子、腹黒過ぎて面白かったです。

 

初めて、浜辺さんの作品を観たのは、映画「君の膵臓を食べたい」でした。こちらでは、元気溌剌だけど儚く、それこそピュアなキャラクターでした。

 

今回は、全然かけ離れたキャラクターですね。

 

どこがピュアだ!(´へωへ`*)

警察の制服がとても似合い、可愛かったです。

 

もっと続きが観たいですね。

”へっへっへ”と笑うの、くせになりそうです。マネしたくなっちゃう笑

 

 

腹黒だから売れないのか。売れないから腹黒なのか。

こんな子ホントにいるのかなぁ?(‘ω’)っていうぐらい。

 

東堂刑事も刑事も、なかなかの毒舌ですが、

純子の提案を素直に受け入れてて、憎めない感じでした。

 

 

警察署のゆるキャラは、回を重ねる度に強烈になっていき、

最終回では、現れた瞬間に爆笑してしまいました(* ´艸`)

 

 

事件の解決は、イラスト解説もあって、

観ている側として、とても分かりやすかったです。

 

 

 

再放送、続編が楽しみなドラマでした(●´ω`●)

では!